体と心の充足感を得るポリネシアンセックスの魅力

 

ポリネシアンセックスの魅力ややり方について体験談も踏まえて書いています。

 

1度はポリネシアンセックスをやってみたいと思っている男女も多いかと思います。

 

私も何を隠そうセックスレスを解消する際のきっかけの1つにもなったのがポリネシアンセックスです。

 

では、実際にどうやっていいかわからない方も多いですよね。

 

ということで、この記事では本家のポリネシアンセックスのやり方はもちろんですが、私なりに実践したアレンジ風のポリネシアンセックスのやり方も紹介していきます。

 

 

ポリネシアンセックスとは?

 

「ポリネシアンセックス」という言葉を聞いたことはあるでしょうか?

 

ポリネシアンセックスは、ポリネシア地方で古くから行われているセックス方法の一つ。

 

ニュージーランド・イースター島・ハワイを結んだ三角形の中にはたくさんの島があり、その三角形の地域をポリネシア地方と呼びます。

 

この地域では、5日間という長い時間をかけてセックスを行うという伝統があります。

 

最初の4日間は愛撫のみで、挿入はしません。

 

最終日になって、やっと挿入に入ります。

 

肉体的というよりは、精神的な欲求を満たす側面が大きいセックススタイルですが、肉体的な快感の持続性が高いことでも注目されています。

 

このポリネシアンセックス、男女の愛が描かれた五木寛之氏の『サイレント・ラブ』という小説で取り上げられています。

 

日本では、この小説をきっかけにポリネシアンセックスが広まったと言われています。

 

本家のポリネシアンセックスのやり方

 

5日間のうち、4日間は挿入をしないのがポリネシアンセックスです。

 

5日目の挿入の日が決まったら、それまでの4日間でお互いの情熱をゆっくりと高めていきます。

 

まずはキスから。

 

そして抱擁、それから愛撫…というように、4日間かけてじっくりお互いの距離を縮めていきます。

 

1日約1時間、挿入なしの触れ合いを堪能してください。

 

時間はたっぷりあるので、頭のてっぺんからつま先まで、普段なら愛撫しないようなところも隈なく愛撫していきましょう。

 

挿入なしでも、案外心地よさや気持ち良さを感じられるはずです。

 

ここで一つ注意したいのが、性器への愛撫。

 

挿入までの4日間は、お互い性器への愛撫は我慢です。

 

触れ合っているうちに性器にも触れたくなるのは当たり前とも言えますが、それは最終日の楽しみとして取っておいてください。

 

そうすることで、最終日の触れ合いがますます盛り上がるはずです。

 

5日目は遂に挿入の日。

 

ただし、早まってはいけません。

 

挿入の前に、4日目までと同じくらいの時間をかけて愛撫をしていきましょう。

 

4日目までと異なることは、我慢していた性器への愛撫が解禁されることです。

 

4日間我慢し続けた性器の感度は、かなり高まっているはずです。

 

前戯でオーガズムに達したことがないという方でも、ポリネシアンセックスではこの段階でオーガズムに達することもあります。

 

愛撫でたっぷりとお互いを潤したら、いよいよ挿入に入っていきます。

 

ポリネシアンセックスでは、挿入後30分間はじっとお互いを見つめたりキスをしたり、または抱き合ったりと基本的に動くことはしません。

 

動かずにいることで、熱い体温や愛情を何にも邪魔されずに感じることができます。

 

興奮していく気持ちや心地よさは、じっとしていても失われることはありませんので、焦らずに2人の時間を楽しみましょう。

 

もしもペニスの元気がなくなってきたら、その時は少しだけ動いて回復させましょう。

 

挿入したまま30分が経過したら、休みながら穏やかなピストン運動を40分間続けていきます。

 

これまでの4日間で感度は最高レベルまで上がっているので、ゆっくりとした動きでも十二分に気持ち良さと幸せを感じられるでしょう。

 

自己流!私のアレンジ風ポリネシアンセックスのやり方と体験談

 

とはいえ、本家のポリネシアンセックスをやるのは現代社会の夫婦やカップルではほぼ不可能に近いでしょう。

 

そこで、私が妻とやったアレンジ風のポリネシアンセックスのやり方を書いてみます。

 

本家は5日間かけてセックスをしますが、約3時間程度に省略してやりました。

 

まず、最初の1時間はただ抱き合うだけです。

 

前戯もなし。

 

ただただ、全裸で抱き合う。

 

なんてことはないのですが、妻はこの段階で濡れてました^^。

 

そして、次の1時間はキスあり、愛撫あり。

 

いわゆる前戯ですね。

 

注意点としては、男性はとにかく軽く優しく触ること。

 

1時間愛撫し続けるので、激しい愛撫はNGですよ。

 

感度が高まっているので優しく触れるだけでも十分に気持ちいいはずです。

 

そして、2時間経過したら今度はペニスを挿入します。

 

ですが、ここでも挿入してすぐにピストン運動にはいきません。

 

ペニスを入れたまま約30分動かずに愛撫を続けます。

 

そうすることで妻の膣内が私のペニスにピッタリと吸い付くようにサイズが合ってきました。

 

と同時に全く私は動いていないにも関わらず妻はイキましたね。

 

男性もここで射精してしまう場合もあるかと思いますが、それでもまだ体力が残っていればこのまま続けてもらってOKです。

 

おそらく30分間ペニスを入れたまま時間が経つにつれて女性も相当イキたくてたまらない状態になっているはずです。

 

ここで残り30分でラストスパートに入ります。

 

といっても激しく腰を振る必要はありません。

 

ちょっと動かせば十分です。

 

ほとんどの女性はこの段階で何度もオーガズムに達するはずですし、男性も今まで味わったことがない射精感に浸ることでしょう。

 

ポリネシアンセックスでのおすすめの体位とは?

 

顔を見て会話ができるので、座位はポリネシアンセックスにおすすめの体位です。

 

座位の特徴は、膣の深いところまで挿入できるうえに、男性への刺激は少なめと言われています。

 

したがって、ポリネシアンセックスのように、男性の勃起が長続きしたほうが良いセックスにはうってつけです。

 

また、挿入後ピストン運動が我慢できないと感じる方には側位がおすすめです。

 

激しく動くことが難しい体位なので、ゆったりとした動きが必要なポリネシアンセックスには向いています。

 

ポリネシアンセックスを楽しむためのコツ

 

ポリネシアンセックス成功のカギは、セックスに集中できる雰囲気作りができるかどうかです。

 

行為に入るのは、2人がエネルギーに満ちている午前がベストです。

 

起きて温かい飲み物を飲み、リラックスできたらいよいよ…というところで、配達員が荷物を届けに来たり、スマートフォンが鳴ったりすると、雰囲気が台無しですよね。

 

そういった状況にならないよう、ホテルに行くのがおすすめです。

 

ホテルでは、電子機器の電源をオフにさえすれば、何も2人を邪魔するものはありません。

 

また、食事面でもコツが必要です。

 

最終日の行為前、気合を入れるためにガッツリ食べてしまうのはNGです。

 

性欲が満たされなくても、食欲が満たされることによって、脳は満足してしまいます。

 

セックスに全身全霊を注ぐためにも、食事は軽めにするのが賢明です。

 

朝ならば、トースト一枚と温かい飲み物などで十分です。

 

夜であれば、胃の負担になるような油っこいものなどは避けるよう意識しておきましょう。

 

誰でも最初からうまくはいかないので失敗しても大丈夫!

 

ポリネシアンセックスで大事なのはセックスのやり方にこだわるのではなく、満足感が得られるかどうかです。

 

本家通りにやる必要もなければ、自分たちの形でアレンジして結構です。

 

二人でセックスが楽しめればそれでOK。

 

1度失敗しても何度もアレンジしながら最高のセックスを探していきましょう。

 

ポリネシアンセックスのメリットとデメリット

 

では、ポリネシアンセックスのメリット&デメリットを紹介しておきたいと思います。

 

まずは、メリットですが、

 

セックスのマンネリ化の防止

 

長く付き合えば付き合うほど、同じセックスの繰り返しで飽きがきてしまうのは避けようのないこと。

 

そんな時こそ、2人の愛を再確認すべく、ポリネシアンセックスにトライしてみましょう。

 

普段はすぐに挿入できますが、ポリネシアンセックスでは5日目にならないと、挿入はおろか、性器に触れることさえできません。

 

ただし、愛撫の時間はたっぷりあります。

 

ロマンチックな言葉をかけたり、普段触れないところに触れてみたりすることで、セックスの新鮮さを取り戻すこともできるでしょう。

 

そして最終日には、最高の快感と幸せを2人で共有することができます。

 

セックスレス解消

 

ポリネシアンセックスは、セックスレスに悩むカップルにもおすすめです。

 

普通のセックスであれば、挿入、射精、女性であればイクことなどが目的に挙げられます。

 

しかし、ポリネシアンセックスの目的はお互いの愛を深めること。

 

愛撫だけでも十分愛を深めることはできますよね。

 

男女ともにイカなければならないというプレッシャーを感じる必要も、勃起しづらいまたは濡れづらいといったコンプレックスを気にする必要もありません。

 

もしも、プレッシャーやコンプレックスからセックスレスに陥っているのであれば、ポリネシアンセックスが、セックスレス解消の第一歩になるかもしれません。

 

新たな快感

 

ポリネシアンセックスでは、その快感度の高さに定評があります。

 

男性女性問わず、挿入した瞬間、動く間もなく絶頂を迎えてしまう方もいるほど。

 

4日間もの間焦らされ続けた性器は、普段の何十倍もの感度を誇ります。

 

女性の場合は、何度も何度も、そして長く絶頂時の快感が続きます。

 

男性の場合、射精時の快感は一瞬なのが普通です。

 

しかし、ポリネシアンセックスにはそれすらも持続させるほどのパワーがあると言われています。

 

今までに感じたことのない快感に、あなたもパートナーも夢中になること間違いなしです。

 

プレッシャーからの解放

 

女性を気持ちよくさせないと、イカせないと、というプレッシャーの中セックスに臨んでいる男性は多いのではないでしょうか。

 

セックスに余裕がないと、相手も自分もなかなか気持ちよくなれないもの。

 

ですがポリネシアンセックスにおいては、そのような心配は必要ありません。

 

4日間という長い愛撫の時間で、女性は充分に焦らされ、感じる準備は万端です。

 

挿入した瞬間にイッてしまう女性もいるほどなので、プレッシャーや焦りから、激しく腰を動かす必要はありません。

 

ポリネシアンセックスは、そういった気持ちの余裕のなさから解放されるセックスでもあるのです。

 

では、一方、ポリネシアンセックスのデメリットですが、これは1つだけです。

 

時間がかかること^^;。

 

本家の5日間のポリネシアンセックスは不可能に近いですし、アレンジしても3時間〜半日程度は必要です。

 

丸1日、あけておいて1日中セックスに全ての時間を費やすつもりやる必要があるでしょう。

 

お手軽に出来ない点ではデメリットと言えますね。

 

よく似てる?スローセックスとは何が違うのか

 

精神的な充足を目的とするセックスには、セラピストのアダム徳永氏が提唱するスローセックスがあります。

 

ポリネシアンセックスとスローセックスは共通点が多いことから、一緒にされることもよくあります。

 

しかしこの2つ、愛撫にかける時間に違いがあります。

 

前者は、4日間と5日目の挿入直前まで、すべてが愛撫の時間です。

 

一方で後者の場合は、1時間程度とされています。

 

2人の予定を合わせるのが難しい場合は、1日で楽しめるスローセックスから挑戦するのが良いかもしれません。

 

 

まとめ〜失敗してもいいのでポリネシアンセックスは試してみる価値あり

 

 

今回は本家と私なりのアレンジ風のポリネシアンセックスのやり方を紹介しました。

 

実際にやってみると、なかなかうまくいかないことがたくさん出てくると思います。

 

ですが、それで全然OKです。

 

ポリネシアンセックスの本来の目的は体と心の充足感であると私は思っていますから、二人が満たされればそれでOKなのではないでしょうか。

 

簡易的なセックスで終わってしまいがちな夫婦やカップルにこそ、時間をとって1度試してもらいたいなと思います。

 

お互いの愛を深め確かめあってみてはいかがでしょうか。

TOPへ